「ユニークライフ」自閉症をジョークにしてしまう心暖まるNetflixドラマ (めっちゃおもろいです)

本当に観て良かったNetflixドラマみつけました!!!

 

先月追加されたばかりのものなんですけど、このユニークライフというドラマ相当面白かったです😳

 

一話が30分でシーズン1は全8話だったので余裕で1日で見終わってしまいました笑

 

あらすじ

自閉症スペクトラム障害を抱える18歳の主人公サムがカウンセラーに進められ、自分には絶対できないと考えていた「彼女」をつくることを決断。何もかもが初めての「恋愛をする」という変化にすったもんだする彼と、彼の家族の物語。

 

 

自閉症を本当におもしろおかしく描いている新鮮な作品でした。

 

自閉症の特徴

自閉症といっても色んな種類や重度があるとドラマの中でも説明されているのですが、この主人公は自閉症の中でも知能の高い類なので会話も普通に出来ます。しかし、彼は人の表情等から感情をよむことや、空気をよむことができません。なので、本当に思ったことを全部ストレートに口に出してしまいます。あと、感情だったりをよむことが出来ない代わりに人が言う言葉をそのまま読み取るので、比喩等が彼には通じません。超ロジカル。あと、自閉症の特徴として、何か一つのことに興味を持つと、それについて片っ端から調べ上げます。彼の場合は南極とペンギンについてめちゃくちゃ詳しく、空気を読まないので、その場の話題に関係がなくても、これらのトピックについてひたすら話しだしたりします。

 

こういった自閉症の特徴がたくさん映し出されている作品だったんですけど、

 

これが本当に笑えるんですよ

 

一般的には思っていても言わないようなことを彼はズバズバ言います。

 

 

その分彼の言葉に嘘はありません。

 

彼の場合体裁を気にすることや、常識にとらわれすぎて、「〜普通こういうこと言わないよね」とかっていう概念がないからこそ彼の純粋な発言や行動は、私は素敵だと思いました。もちろん無神経すぎる発言等もありますが笑

 

てか空気をよむって英語ではRead social cuesっていうんですね!

 

ちなみにこの主人公みたことあるなーと思っていたらIt’s kind of a funny storyにも出ていました。あれも好きでした。

 

自閉症をジョークにしてしまう

 

観ていて、こんな爆笑してるけど、これってそもそも笑っていいのかな、ってふと感じたんですけど、このドラマは笑わせるように作られているんだなって思いました。

 

人種問題とか、色々な問題って世の中にたくさんありますが、そのトピックを触れてはいけないような扱いをするのではなくジョークにすることも大事なんだなって。

 

家族の葛藤

 

やはり家族はサムを中心にまわっているから、それぞれが、色んなことを我慢したり、もう我慢していることさえも普遍化しすぎてわからなくなってたり、みんな特有の問題を抱えていているんですよ。お父さんは息子の自閉症と向かい合えてなかったり、お母さんは息子が自立にむかっていることに心配や空虚感を感じていたり、妹は家族がお兄ちゃん優先でうごくことにひたすら耐えまくってたり、、

 

ただこれは自閉症を抱える子どものいる家庭に限らず、どの家庭でも起こりうる問題だと思うのでみていて理解しやすかったです。

 

このドラマIMDbでも8.4と好評価で、すでにシーズン2の制作が決定しています!

 

 

これは本当に一見の価値ありです😊

 

 

画像

Netflix Japan

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *