別れ話から感じたこと 〜No Means No

 

まずはじめに言っておきたいのが、これはあくまで過去の話です。

 

だーいぶ前の別れ話で感じたことです。

 

 

 

私が別れたい、と切り出し、別れることになったんです

 

でも相手はあまり納得いっていなかったようで、その後も何度か好意を伝えていただいた訳です

 

私はその都度、素直に嫌だって気持ちを伝えるんですが全く伝わっていないようで、

 

ある時から「私の気持ち全然無視やん😂」って感じるようになったんですよ

 

ましてやそんな人を傷つけるようなことを何回もはっきりと言わさせられているこっちの気持ちも少しは考えてほしいなあ。と。毎回、腹をくくって気持ちを込めて話をしているのにそれをガン無視されると、こっちも悶々とする訳ですよ。

 

もちろんそこまで想ってくれていたということは嬉しいことですしそういう粘り強さも大事なものだと思います。

すごいアツい気持ちをぶつけることって本当に大事だと思うし素敵なことだとも思うんです

 

でももう嫌なもんは嫌なんだってことを理解する気持ちも絶対大事な訳で、

 

それって相手に対するリスペクトでもあるし。

 

そしてそんな時聞かれた質問が

 

「もう彼氏でもいるの?」

 

私はあえてこのトピックを避けていました。なぜなら私に彼氏がいるかいないかはこの話とは

全く関係のないことだと思っていたからです。

 

あくまでもう好きじゃないっていうのは私の気持ちの問題な訳であって

その他の事実で左右されてほしくないと思ったんですよ。(ごめんなさい説明下手やな😂)

 

でも仕方なく彼氏がいると答えると、

 

今までの数ヶ月のやりとりがまるで嘘だったかのように彼は、「まじか、、もういいわ。じゃあ。」ってな具合で去ってきました。

 

 

その時の気分がもうなんていうか、今までどれだけ嫌って気持ちを伝えてもガン無視やったのに、彼氏いるの一言で去るんだなーって。結局私の別れたいっていう気持ちとかって全く考慮してないやんって感じたんですよ。もしくは真に受けてくれてなかったんかって。

 

今までの私の言葉は一切意味を持たないって言われてるみたいな気分がして

 

私の気持ち<他の男がいるかどうかという事実

 

これって相手の独占欲の問題なのか、何なのかはわからないですが、私の気持ちは無視ですよね

 

これで思ったのが、しつこいナンパとかそういうたぐいのものもこれと同じでどんだけ嫌って言ってもあんま効果ないですよね。

 

それに比べて「彼氏おる」の一言の効果絶大すぎません😳と

 

それってどういう意味か考えると、本人の嫌っていう気持ちより、もう誰かのものっていう事実の方が強いみたいな。

 

これは男女逆でもあると思います。

 

嫌っていう気持ちへのリスペクトはどこへ。

 

少しトピックはずれますが、

 

英語では No means noっていうフレーズがあります。

 

これはアメリカの劣悪なレイプカルチャーの話でよく使われるフレーズです

 

嫌=嫌という意味だ。というシンプルなメッセージです。

 

あまりにもNoという言葉の意味を人が軽視しすぎ、レイプが後を絶たないため使われています。

‘No’ Means ‘No’: It Really Is That Simple When It Comes To Consent

この記事とかわかりやすく説明されていますのでもしよければ。

 

 

 

話を戻して、、

 

この一連のことで私が思ったのはまず、彼氏だとか、何かに所有されてない限り自由に遊ぶことって出来ないのかなと。

 

それってNoって言葉とか私たちの意志とかってガン無視やんって

 

でもここでもう一つ思うのが、建前で嫌と言ってるだけで結局は誘いなり告白にのる人もたくさんいると思うので一概には言えないなって。(決してこれが悪いとも思いません)

 

 

男女の駆け引きと本当のNoの境界線ってどうやって見分けるんだろう

 

 

だから私が思ったのは、もうね、変に体裁とか気にせずに欲しいものは欲しい、いらないものはいらないと

はっきり自分の意思表示をするべきなのかと。時代は2017年です。女性がガツガツいってもかまいません。笑 ほしいものはほしいとはっきり言いましょ!そして嫌なものは嫌。相手のことなんて考えないでいいんです。自分のことだけ考えて。もちろんNoを尊重出来ない人が悪いと思いますが、尊重しないでもいいと思わせるような文化があるのも事実です。本当にNoが通じる社会にしたいのなら自分も本当の意味を持たせて言うべきかと。まあ一概には言えないからむずかしいんですが、、。私も色々改めないといけないと感じることあります。そして言われた側は、必ずその意志をリスペクトするべき。

 

 

No=強引な説得をしてYesにする

という考え方は危ないかなと。

 

 

ただもちろん白黒はっきり答えを出せないときとかもあると思うので、それはまあ答える側の言い方次第ですね

 

 

なんか色んな話を詰め込みすぎちゃったかもしれませんが

何が言いたいかと言いますとNo=Noっていうシンプルなことを言う側も言われた側も忘れちゃいけないなって

 

 

 

記事&画像

‘No’ Means ‘No’: It Really Is That Simple When It Comes To Consent

The Best Way to Break Up

500 Days of Summer/ Pinterest

Top 10 Break Up Songs-AskMen

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *