How to be single (私がワタシを見つけるまで)

How to be single (2016)

IMDb

 

あらすじ

ニューヨークに住む6人のシングルの男女の物語。シングルを謳歌する者もいれば、運命の相手を探し求める者もいる中で、それぞれがシングルでいるという経験から本当の自分と向き合うことに。

 

 

だいぶ軽い説明になってしまいましたが、まあそんな感じです。

 

シングルになりたくなくてもシングルやねん!って人も

恋人候補があとをたたないからシングルになれない〜って人も

恋人なんてめんどくさいからいらない!って人も

 

みたらきっと何か感じる作品です

 

少なくとも私は感じました

シングルでも、付き合ってても、結局自分が何を求めているのかしっかり見極められていることが大事なんだなと、笑

 

色んな人と遊ぶのか、自分に時間を使うのか、シングルのやりかたは人それぞれですしね。

 

私、この映画あまり期待していなかったんですけど、観てみたら全然期待以上でした。たぶん自分がシングルの時とか、別れるかも、みたいな時にみたら余計ポジティブな気分になれるような作品だと思います。

 

思っていた程、恋愛恋愛した映画ではなかったです。どちらかというと”自分の在り方”にフォーカスしてるかな。

 

メインキャラクターはFifty Shades of GreyのDakota Johnson

IMDb

この人程よいかわいさ

 

Pitch PerfectのRebel Wilson

IMDb

相変わらずのキャラでみていて爽快でした笑 個人的にめっちゃ好きです。

こういうセクシャルな面に対してオープンで、ポジティブに”男性のように”セックスを楽しむ女性キャラって日本の映画ではあまりみられないからすごい新鮮だし、もっと増えるべきだと思います。特に最近のハリウッド映画やドラマってそういう役増えてきてますよね。

 

そしてLeslie Mann

IMDb

私この人が出てる映画は基本的にどれでも面白いと思ってます。

This is 40, Funny People, Big Daddy,The Other Woman etc…

程よいコメディー感。めっちゃ好きな女優さんです。

 

ちなみにIMDbでの評価は6.1です。まあそこそこですね。IMDbは世界的に知られている映画サイトです。映画に関する基本情報はもちろん映画のトリビアや視聴後のレビューが書かれています。IMDbの評価って、もちろん好みは人それぞれだから評価低くてもみてみたらおもしろい作品もあるし高くてもおもしろくない作品もあります。ただある程度、みる価値のある映画とない映画の目安にはなるかと思います。私はIMDbで6あったら普通に観れる映画だと認識しています。

 

ちなみに、このHow to be singleのレビューでは、私としては意外でしたがネガティブなものが目立ちました。ストーリーにまとまりがないという意見が目立ちました。”The writing is terrible, the acting is terrible, even New York can’t help it ( and that says a lot)”  (台本と演技がひどすぎてあのニューヨークでさえもどうにもできない(それってやばいよな))とまで書かれてました。

 

逆に高評価はそもそも期待しないでみたらめっちゃよかったというものが多かったです。笑 たしかに私もこういうコメディーはありきたりだししょうもないんだろうなと思ってなかなか手を出してなかったので、共感です。

 

ちなみにこの映画は本が原作にあり、Liz Tuccillo (リズ タックチッロ)という作家のデビュー作です。しかしその後2004年に出した He’s not that into youが話題となり先に映画化されてます。(そんな彼なら捨てちゃえば)また、彼女はSex and the cityのライターでありプロデューサーでもあります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *